システムデバッグ時に、オシロでノイズ解析して迷子になっていませんか?

 
        例えばエンジンECUのデバッグ時にオシロでノイズ解析を行い、時間軸でノイズを見ても、FFTして周波数軸に変えても、ノイズにしか見えず呆然とするケースがあります。環境ノイズを疑い電波暗室を使用しても、まだ多くのノイズに埋もれています。
      そんなとき、オシロスコープのデータを周波数軸、時間軸、信号パワーの3軸でノイズの中の信号を分離し可視化できるNoise Visualizerで分析するとノイズの中身を、特定の時間に発生する、特定の周波数信号に分離できそれぞれの発生源を推測することで原因特定の手がかりが得られます。環境ノイズも分離できるので電波暗室を使用する必要もなくなります。

    システムデバッグ時に問題原因の手がかりが得られるNoise Visualizer。

    詳細情報を資料ダウンロードしてご覧いただけます。
     

送信ボタンのクリックによりお客様情報の収集と利用方法をお伝えするプライバシー・ステートメントにご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。